DUB-BOXとは?

Red-Dub-Box-hitched_735x250

2002年、英国のヘレフォードシャーでトレーラー製造を行っていたマット&ベッキーのクレイ夫妻が、ワーゲンバスなどのヴィンテージ・キャンパーからインスピレーションを得て生み出したのが、レトロで新しいトレーラー「ダブボックス」。

注目を集めるのは、レトロでユニークなデザインだけではありません。シンプルなボディは、ポップアップルーフやウインドウ、ドア、インテリアなどの装備からカラー、素材まで、豊富なオプションにより、用途やお好みに合わせて様々なオーダーメイドが可能です。

また、コンパクトで軽量なボディは、車重750kg以下のため牽引免許が不要、自家用車で気軽に引っ張ることができます。

2016年よりスタートした私たちダブボックス・ジャパンは、ダブボックスUK本社からライセンスを受け、すべて日本国内で生産。メイド・イン・ジャパンのハイクオリティで、お客様からの様々なオーダーに、きめ細やかにお応えいたします。

以下の2本のビデオはCaravan Channelにより制作されたものです。ビデオ内ではマットがダブボックスの歴史を語り、また新しいダブボックスの設備紹介も行っています。

ダブ・ボックスの歴史(英語)

 

ダブ・ボックス – ファクトリーツアー(英語)